山菜
健康とのかかわりを科学する
TOP サイトマップ
山菜と健康
 山菜は、山野に自生する菜です。栽培されるものが多くなった今日でも、自然の中で手を加えずに生育するものは山菜と呼ばれています。栽培される野菜が少なかった昔には全ての人にとって、また耕地の少ない山村では最近まで、重要な食料でありました。現在では、懐かしい素朴な味わいや、季節感を求める多くの人により山菜採りがブームだともいわれています。
 山菜が経済作物になれなかったのにはいろいろな理由があります。その一つにあくが強いことがあげられますが、最近の研究ではその成分の中のあるものには、健康を維持・増進する機能があることが明らかにされ、改めて注目されています。
ワサビ ウド フキとふきのとう タラノキ(たらのめ) アシタバ
ワラビ、ゼンマイ クサソテツ(こごみ) コシアブラ ウコギ セリ
ミツバ アサツキ、ノビル ギョウジャニンニク ウルイ シオデ
サンショウ アケビ ジュンサイ オランダガラシ(クレソン) ウワバミソウ(みず)
モミジガサ(しどけ) イタドリ
ページトップへ戻る